好転反応と副作用の違いって何なの?

こんにちは、kazumiです。

 

 

サロンで行っているエネルギー療法

 

身体に持っているマイナスの情報に働きかけ

 

個として成り立つように作用します。

 

個ととらえるのは原子、分子レベルまでも同様に行います。

 

なので好転反応が出る方が多く好転反応って何なのか

 

症状がでると怖いとおもってしまうかたがいるので

 

好転反応と副作用の考え方の違いについて書こうと思います。

 

 

 

先ず、身体は自然治癒力を持っていて

 

自分で治す力が備わっています。

 

その力がストレスや疲労等で弱まったり

 

何らかの形で止めてしまったり

 

無意識に入ってきたマイナスの情報がたまっていくと

 

本来もっている力が発揮できず

 

身体にマイナスの情報が残ります。

 

 

 

好転反応とは、自然治癒力が発動し正常な状態に戻ろうとした時に

 

マイナスの情報が表に症状として出てくる反応です。

 

それは、人によってどこにマイナスの情報をためていたのか

 

違うので、症状は人それぞれなんです。

 

好転反応は身体が正常に機能するために

 

必要なデトックスとして起きる物です。

 

 

 

副作用というのは、なにか身体が起こした反応に対し

 

その反応を止める行為をした結果、他の所に負担がかかり

 

起きる2次的な症状の事です。

 

 

引き出した結果起きるのが好転反応

 

とめてしまった結果起きるのが副作用

 

 

サロンで行っているエネルギー療法は

 

マイナスの情報を引き出し手放す施術です。

 

好転反応としてでてくる症状は

 

本当に人それぞれです。

 

感情として出てくる人もいます。

 

出てくるなら出して、マイナスを埋める為の

 

エネルギーを入れてあげればいいのだと思います。

 

マイナスの情報を埋めるという概念が

 

一般的ではないので、わかりにくいかなとも思いますが

 

 

今出てきている症状

 

それは引き出されて出ている物ですか?

 

それとも、機能できなくなった結果、起きているものですか?

 

 

その見極めは非常に難しいのかもしれません。

 

 

サロンで行った施術で引き出された症状に対して

 

親身に対応する事を心がけています。

 

 

 

何でも、ご相談ください💛

 

 

ありがとうございます。

 

 

kazumi💛