情報の科学 同化と異化 その1

こんにちは、kazumiです。

 

サロンでは、いのちの働きを学ぶ会という勉強会を月に1度開催しています。

 

講師は有)産 小川健爾さん

 

72歳の小川さんはとても肌が綺麗て、

 

皆さん小川さんと握手したくなるそうです。

 

これは前回の勉強会、皆さんで和美特性ランチを食べている所

 

 

こでは情報起源のものの見方を勉強しています。

 

例えば、小川さんの肌が綺麗なのは

 

20年いい水を飲んでいるから

 

 

いい水とは?

 

物質起源でいい水を考えた時

 

塩素がはいっていないくて

 

余計なものを排除した水がいい水?

 

最近は素流水や水素水なども目にします。

 

情報起源でみたいい水とは

 

情報を伝えられる水

 

動ける水

 

同化力が働く水

 

 

同化力!?

 

と思われた方いますよね

 

地球と同化する力を水が持っているかどうか

 

という事なんです。

 

例えば、50kgの人が、いい水とペットボトルの水を1坩んだ時に

 

体重はどうなると思いますか?

 

いい水を1坩んだら51坩幣紊紡僚鼎増えます。

 

機能しない水を1坩んだ時、51毀にになります。

 

物質でみたら同じ1

 

だから50圓凌佑同じように51圓砲覆辰禿たり前

 

と思うでしょうか?

 

いい水を飲んだ時、何故51坩幣紊紡僚鼎増えるのでしょう

 

それは、地球の同化力(引力)が働くから体重が増えるんです。

 

見た目はきゅっとしているのに、体重を測ると意外に重たい

 

そんな方、見た事ありませんか?

 

そういう方は体の同化力が高く、地球と繋がる力がつよく

 

同化力(引力)によって体重が増えています。

 

 

 

 

同化力の強い体は、その体重を感じさせません。

 

一方、機能しない水を飲んだ時、体重が減るのは

 

地球に無視されるから(笑)

 

地球から浮くのです。

 

フワフワ、、、、💦

 

体重が減ったと喜びますか?

 

ダイエットでエネルギーのない物を摂取したり

 

出す事ばかりしている人は

 

この、同化力がとても弱くなってしまいます。

 

同化できない身体を持つ人は

 

体重は軽くても

 

常に身体が重い、足が重い

 

そんな感じを持っているかも知れません

 

同化のイメージはなんとなくわかっていただけましたか?

 

 

 

 

続きは異化の話を書こうと思います。

 

最後までお読み頂いて

 

ありがとうございます。

 

kazumi💛

コメント