情報の科学 同化と異化 その2

こんにちは、kazumiです。

季節外れの台風が接近中のようです。
明日の、JISEI お茶会に影響が出ませんように!
前回の 同化と異化 その1 の続きです。
前回は同化にイメージを書きました。
今回は異化の事について書こうと思います。
同化できないものは異化されます。
異化する例えとして
なにか、食べ物が合わなかったりした時
吐いたり、下したりします。
これは体内に同化できない為に外に出そうとする
異化の作用です。
後は豊胸手術はシリコンを身体にいれるので
身体は炭素体(C)の為、同化出来ずに異化の作用が働き
胸は大きくなります。
豊胸手術が異化の作用と利用して行っているなんて
ちょっと驚きですね。
身体に負担がかかっているのはご想像の通りです。
その他に、JISEI Rinse 60を使い始めて1週間の
小学生の女の子のお母さまがびっくりしていた事
それは、JISEI Rinse 60を使い始めて肌も綺麗になった事も
そうなのですが
子供の歯が立て続けに3本もスパっと抜けた事。
これは、女の子がJISEI Rinse 60を使い始めて
体内の同化力が急速に強まった結果
そろそろ、大人の葉が準備していた子供の歯は
そこに居座ってられなくなり押しだっされたのです。
これは同化できないものを異化する事と同じです。
あまりにもスパッと立て続けに抜けたので驚かれていました。
同化力が弱い人は異化力も弱い
悪い物を身体から出す力も弱いのです。
なので、知らない内に悪いものがたまっていく
という事にもつながります。
エネルギーを上げるということは
 = 同化力を強める = 波動が高くなる
 =放射エネルギーが強い
こんな風に置き換えると、イメージが付きやすいでしょうか?
皆で同化力の強い体をつくり
元気に生きて行きたいですね♡
そんなお手伝いがサロンでできたら嬉しいなと思います。
最後までお読みいただいて
ありがどうございます。
JISEI お茶会は枠が増えました!
7/28 12:30〜16:00
  
7/31 10:30〜13:00
  
お待ちしてます♡
kazumi
コメント