必要なのは親との和解ではなくて自分との和解だったのか

こんにちは、kazumiです。

 

昨日はJISEIお茶会にどうぞ召し上がってくださいと

 

有)産 小川健爾さんから庭になっている

 

枝柿を送っていただきました。

 

大きくならない柿だそうです。

 

ギュッと身が詰まって美味しかった〜

 

 

 

最近、興味を持ってくださる方が多いUEの体験セッション

 

今までもコーチングセッションの中にUEを取り入れていましたが

 

やはり、やる!と覚悟を決めると注目度が違います。

 

UEの説明はこちら⇒☆☆☆

 

記事にするのが追い付かなくて

 

でも、他の人の気付きにもなるかもと

 

さかのぼって記事にしていきたいと思います。

 

 

 

先日、共働きの奥様が帰宅してから

 

体験セッションを受けに来てくださった

 

30歳台 男性 M様

 

仕事の転機などもあり散々内観をし

 

内と外を整え、親との関係も整理してきたそうです。

 

しかし、この2つだけは内観しても

 

ヒットすする事柄がない。

 

何か、過去性とかにあるのでしょうか?

 

とのこと。

 

その2つとは

 

きっとダメになる

 

優しくしても損するだけ

 

なんともつらい思考です。

 

これは、どんな所から出てきているのか

 

紐解いてみました。

 

この男性は子供の頃から

 

死ぬのは当たり前だと

 

死を受け止めていたそうです。

 

子供の頃の視点も、とても冷静に

 

広い視野で物事をとらえていたそうです。

 

小学校でも活発な人や

 

成績優秀な人だけが先生に気にかけてもらえる

 

みんな一緒なのに

 

そんな、矛盾を常に持っていたそうです。

 

お母さまはとてもしつけに厳しい方だったそうです。

 

広い視野を持って母親に話しても

 

全くうけとってもらえず

 

とても悲しい思いをしていた事を

 

セッション中思い出したそうです。

 

いいぞ〜〜〜👍

 

 

どうせ失敗する

 

優しくすると損をする

 

今あるこの思考は母親に受け取ってもらえなかった

 

子供の頃の虚しさ、無力さを

 

癒せてなかった事で起きていました。

 

考えを認めてもらえない

 

虚しさ、無力さ、あきらめ

 

自分を否定するような思考を

 

UEでクリアリングし

 

自己愛100%のエネルギーを流しました。

 

すると

 

先ずは一歩一歩出来る事からやって行こう

 

そんな思考に変わりました。

 

そう、初めの一歩があるから二歩三歩があるんです。

 

 

とてもスッキリした気分になったそうです。

 

そして気づいたのが

 

必要だったのは親との和解ではなくて

 

自分との和解だったのか

 

という事でした。

 

はい、その通り!

 

みんな全て持っているのです。

 

その持っている全てを発揮するには

 

自分で自分を受け止めてあげる事

 

自己との和解。

 

蓋をしていた所を開いて癒す

 

無意識で自分を否定してしまっていた事

 

これは思考では整理できても

 

本質の所で癒されていないことが多いのです。

 

UEはその癒しも出来るので

 

変化がとっても早い!

 

セッションを受けに来てくださって

 

ありがとうございます♡

 

体験セッションは大体30分〜60分位

 

年内は3000円

 

考えてもわからない

 

何だか、モヤモヤする

 

そんな方は、是非一度受けてみてはいかがでしょうか?

 

お待ちしています💛

 

申し込みはこちらから→☆☆☆

 

 

kazumi

 

 

 

コメント