表裏一体という意味

こんにちは、kazumiです。

 

昨日は国立劇場でお友達 ぺジヨンの舞台があり

 

日韓融合の趣のある舞台を楽しみました。

 

 

 

韓国の舞踊を初めて見た時に

 

なんだろう、この世界観は?

 

と思い、それから虜になりました。

 

そして春からぺジヨンに踊りを習うという事になり

 

かなり、気にいってしまったようです。

 

今年は舞おうかと思っています(笑)

 

来年の発表会の時は皆さんにもお知らせします。

 

あっ必要なかったらスルーしてください。

 

 

韓国舞踊の特徴は”相反する内面的感情”を

 

表現する事だそうです。

 

まさしく表裏一体を表現する踊り

 

怒りの裏には寂しさがあり

 

喜びの裏には悲しさがあったりする。

 

寂しさの表には愛があったり

 

そんな、人間模様も踊りで表現しているんです。

 

凄い舞踊です。

 

表の裏にある物も

 

裏から出る表も同じなんですね

 

結局すべで自分であり

 

この表裏は全て経験からなるものではないかな〜と思います。

 

経験こそ、自分の厚みを増す大切な事

 

自分の人生、皆さんはどのように舞いたいですか?

 

先ずは、行動して色んな経験をしてみませんか?

 

Kazumi Styleでは皆さんが楽しい経験ができるよう

 

色々なイベント、メニュー用意しています。

 

2/3は節分のイベント 11時〜15時

 

会員の皆様の技術を気軽に体験できる場を作ります。

 

1号店をプレオープンしてこの日で1年

 

走り抜けてきた感じがします。

 

皆様に感謝の気持ちで楽しい場にしたいと思っています・

 

詳細が決まりましたらお知らせします。

2/3 空けておいてくださいね♡

 

一緒に受付をしたお友達との写真です。

 

 

 

お待ちしています。

 

ありがとうございます♡

 

kazumi💛

 

 

 

コメント