鍋底という場所に導かれた訳 その1

こんにちは、kazumiです。

 

今日は路面が凍っているのでしょうか

 

どこに罠が仕掛けてあるかわからないので

 

慎重に歩きましょう(笑)

 

 

昨日記事にした

 

水とのご縁の話

 

もう少し詳しく記事にしようと思います。

 

2014年、私がサラリーマンを8月に卒業した年

 

11月13日が私の50歳の誕生日でした。

 

結婚してから、特に誕生日を祝ってもらったこともなく

 

これは、グチではなくて、別にそれでもよかったんです。

 

でも、2014年は生き方を変えようと思った年

 

50歳という人生の折り返しの年

 

あっ私は120歳まで生きようとおもっているので

 

折り返しは60歳か💦

 

自分で自分に特別なご褒美をあげたかった。

 

それまで、子供の事や、家の事、仕事で

 

目―一杯の毎日でしたから

 

自分にご褒美と言えば

 

何か洋服、バック、靴などを休日に買うということで

 

満たしていました。

 

でも、そんな事はどうでもよくなったんです。

 

自分の為に何かをする

 

その時の私には、自分のだけの充分な時間が欲しかった。

 

それには、旅行という手段がとても速かっのです。

 

なので、当時ハマっていた麻炭を使って

 

元々、会社では外装設計をしていたので

 

物作りはとても好きだった。

 

3DCADでフラワーオブライフを型どった

 

半球のドームのデータを作り、

 

それを3Dプリンターで形にして型として使い

 

麻炭とクリスタルパウダー、ABSで

 

チャクラドームを作ったんです。

 

 

 

 

これをもって、麻炭の開発者の伊香賀さんがいる

 

宮古島に行こう!

 

となった訳なんです。

 

写真は伊香賀さんです。

 

 

伊香賀邸で出来たチャクラドームを見せると

 

皆さんかなり盛り上がって

 

体感していただけました。

 

しかし、当時の私は今よりもかなり鈍感で

 

自分に体感が全くなかった。

 

そうなんです、いいだろうと思って作ったけれど

 

しかし、当時の私はフラワーオブライフの意味も

 

分かっていなかった(笑)

 

まー突き進むタイプの私らしい物つくりとなった訳です。

 

しかし、自分で体感がないためその先には進まなかった

 

商品です(笑)

 

気になるかたは、サロンに置いてあるので

 

手に取ってみてください。

 

しかし、今はもっとサロンでは強力なグッツを

 

扱っているので

 

例えばこんな感じ

 

 

これは、机の中央に置いていただくと

 

エネルギーが集まってきます。

 

”Enagy Loop”

40種類の鉱石と特殊なセメントで作ったピラッド

 

あサロンの宣伝が入ってしまった(笑)

 

 

そんなわけで、鍋底へ導かれていくきっかけを

 

作ったのです。

 

つづく

 

kazumi💛

 

 

 

コメント