第10回 いのちの働きを学ぶ会 開催しました

こんにちは、kazumiです。

 

昨日は有)産 小川健爾さんを講師にお迎えして

 

いのちの働きを学ぶ会 第10回目でした。

 

今回はいつにも増して深い話からスタートでした。

 

はい、空(くう)の話です。

 

てっきりスピリチュアルな視点で

 

教えていただくのかと思っていたら

 

科学的な視点で教えて頂きました。

 

佐藤初安さんの記事を読みながら

 

初女さんが心がけている

 

料理に空(くう)という概念があったのです。

 

 

食材をものではなくひとつのいのちとして

 

とらえて料理をする。

 

その、いのちをどう生かそうか

 

そういう思いでお料理をしているそうです。

 

 

 

野菜を茹でるときに、一瞬茎が透明になるときがあるそうです。

 

その瞬間を見逃さずすぐにお湯から出して

 

冷やす。

 

野菜がなぜ透明になるのかというと

 

野菜のいのちが、私達のいのちと

 

1つになるための生まれ変わる瞬間なんだそうです。

 

この瞬間を自生エネルギーでは空(くう)といいます。

 

 

温度と熱量の変曲点

 

それを空(くう)といいます。

 

これは、いのちの移しかえの瞬間

 

全てある状態なのだそうです。

 

どんないのちにもなり得る瞬間

 

無限の可能性をもっている瞬間

 

初女さんはこのようなことを

 

肌で感じて料理をさせれているのだと

 

おもいます。

 

朝からとっても深くて良い話の連続

 

そして、お昼は和美特製の

 

塩おにぎりと豚汁

 

ご飯は一升炊いて、あっという間になくなります。

 

 

 

ご飯の後は3/15日で72歳になった

 

小川さんのお祝い㊗️

 

マーブルケーキを前日に焼いて

 

サロンで飾り付け

 

仕上げは恵美ちゃんから頂いた

 

イチゴでおめかしして、感性💝

 

 

小川さんにとても喜んで頂けて

 

私も嬉しかった🎵

 

 

 

小川さんの嬉しそうにケーキを食べてる

 

写真がない^-^;

 

 

 

記念撮影すればよかった。

 

 

他にもいっぱい良い話がありました

 

塩は農産物的な扱いであるということ

 

ヨモギも優れたハーブであるということ

 

水には意志があるということ

 

地球には同化力があるということ

 

先ずは住まいが大切だということ

次に食であるということ

 

 

等々、 書ききれず

 

 

また、次回も楽しみになりました!

 

次回は4/15です。

 

ありがとうございます💝

 

和美💝

 

 

 

コメント