【満】情報の科学で味噌作り

こんにちは、kazumiです。

 

ちょっと遅くなりましたが

 

2号店で味噌作りを開催します。

 

私は今まで何度か噌を作った事があります。

 

自分で作ると、何だかホッとする味噌が出来上がります。

 

今回、サロンで開催する味噌作りは情報の科学の視点で

 

自生味噌作りをします。

 

さて、他の味噌作りと何が違うの?

 

今回は材料の持っている情報にフォーカスし

 

配合設定と下準備をしていきます。

 

大豆の下準備にはエネルギー水をいれた水でひたし

 

大豆の水分バランスを整えてから茹でます。


*エネルギー水とは?
水の情報を引き出す力のある40種類以上の鉱物の情報が入った水です。

 

塩は味噌の要ともいえる材料ですが

 

色々と調査、検討し、手ごろな値段で味噌作りをしたいと

 

選んだ結果

 

天日干しの塩を使う事は勿論必要なのですが

 

(この理由は、いのちの働きの勉強会に参加している方は

 

分かりますね?)

 

情報という視点でオーストラリアの塩を日本で天日干しした塩に

 

日本の西伊豆の塩を絶妙な割合で混ぜ、情報を最大限に引き出します。

 

日本産の大豆には日本産の塩の情報が味噌作りには必要である

 

という、情報の科学に基づいています。

 

お互いの情報を最大限に引き出しあうことで

 

作り手の味噌に込める想いも入りやすくなります。

 

情報の整った場で菌はとても動きやくす

 

活動できるようになります。

 

エネルギーの高い場には良い菌が育つ。

 

 

土地も同じです。

 

エネルギーの低い土にはそれにあう雑草が生え

 

エネルギーの高い土には雑草ははえない。

 

 

さて、どんな味噌が出来上がるか楽しみですね。

 

3/24 13時30分〜16時30分 満


追加で27日  13時30分〜16時〜30分 満

 

参加費:4000円(2kgの味噌お持ちかえり。容器込)

 

持ち物:エプロン、φ24の容器が入る袋

    (サロンで作った味噌を預かる事も可能です)

 

募集人数:各4名→満

 

申し込みはコチラから

 

お待ちしています。

 

kazumi💛

 

 

コメント